FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホロコーストに思うこと 

私の住む所で
勇気の証言“アンネ・フランクとホローコースト"
という催しがありました。

第2次世界大戦でのホローコーストの歴史と、その時代を生きたアンネフランクについてのものでした。
同じ人間なのに、ユダヤ人はどうして1600年近くも差別や迫害が続いてきたのか、理解に苦しみます。
仕事や権利等すべてが奪われた彼らは、世界中のどこからも受け入れてもらえなかったようですが、どのようにして生活をしてたのでしょうか。
ナチスによるホロコーストの犠牲者は600万人にもいたそうですが、想像を絶するものがあります。

数年前、家族旅行の時にアウシュビッツの収容所に行ったことがあります。
外見は同じような建物が沢山建ち並んでいるだけで、特別何も感じませんでした。
でも、いったん中に入ればそこはなんとも異様な雰囲気でした。

映写室では列車に乗せられた老弱男女が、何も分からずにガス室に送られていく生の映像を見ました。
また多くのガラス張りの部屋には、それぞれ靴、鞄、髪の毛、衣服、めがね等が無残にも部屋いっぱい山積み状態にされていました。
それらの一つ一つが犠牲となった人々のものであった事を考えると、全く言葉がでないばかりか、「同じ人間がどうしてこのような非人道的なことができるのか!」と怒りを超える感情が込み上げてきたのを思い出します。

今回、この会場にも収容所での生活用品の展示、アンネフランクに関する手紙(レプリカ)と資料、そして収容所に関するビデオがながされていました。
このようなことは二度とあってはいけない!と思うとともに世界が平和になるには世界中の一人一人の自覚が大切だ!と痛感します。
スポンサーサイト

[2006/09/27 01:29] ひとりごと | TB(0) | CM(3)

天使と悪魔は同居しているのでしょうね

照美さん、こんにちは。
最近テレビで「アウシュビッツ」の中を見る機会がありましたが、ブラウン管を通しても悲惨さが伝わってきました。
見たくないという思いもありますが、現実を直視してこのような事が繰り返し起こらないように努力しなければいけませんね!


[2006/09/27 02:33] もちを [ 編集 ]

もちをさんこんにちはv-290

怖いですね。恐ろしいですね。
正気の沙汰じゃないですよね。悪魔に豹変するとこれほどまでに変わるものなんでしょうか。
自分が豹変したら・・・・・・と思うと想像がつかないけど、こんなむごいことは出来ないというより幸いにも私にはそんな力や能力が無いことです。e-442
[2006/09/27 12:15] 照美 [ 編集 ]

ちょっと昔

「シンドラーのリスト」という映画を観たことがあります ドイツ人の資産家が 自分の全財産をはたいて多くのユダヤ人を助けるというストーリーの 衝撃的な映画でした

人が人を平気で殺せる そんな狂気な人間は いつの時代にもいてます 

世界一平和なはずの我国は 世界一危険な国なのかもしれまへんな・・・?




[2006/10/01 09:56] ハマル君 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iidaterumi.blog42.fc2.com/tb.php/173-98b78695







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。